菅田将暉の愛用アパレルブランド!!

みなさん、こんにちは。まるです!

 

皆さんは一度は考えたことがあるのではないでしょうか

芸能人の人はどんなブランドアイテムを着ているのか、、、

今回は個人的にも個性的でめちゃくちゃ推しで、なお芸能界一お洒落と言われている”菅田将暉”さんの着ているブランドを紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#菅田将暉

菅田将暉(@sudamasaki____0221)がシェアした投稿 –

菅田将暉の愛用ブランド

n e o n  s i g n

ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール』にて菅田将暉が着用したneon signのレオパード柄のセーター。

オーバーサイズをざっくりと着こなしていて、私服っぽい感じで話題になりました。

現在は、すでにSOLD OUTになっている商品なので、古着屋やオークションで見つけるほかなさそうです。

 

 

NEON SIGNはデザイナー”林飛鳥”のブランドで、2009年の秋冬コレクションからスタートした。

シャツブランドとして立ち上げたが、今では様々なアイテムを展開中です。

C R E A M  S O D A

菅田将暉がパンクな雰囲気のジャケットを、サラッと着こなしている。

彼が着ると、奇抜なデザインが違和感なくなるのが不思議ですね

菅田将暉は、スカジャンなども、このブランドのものを愛用している。

CREAM SODAは世界を代表するキング・オブ・ロックブランド。
1970年代に原宿に店を開き50S のロカビリーファッションを日本に紹介した。


最近では80年代のロックファッションが人気。
ビンテージものも多く、マニアはオークションで購入している。

y o s h i o  k u b o

菅田将暉が『しゃべくり007』に出演した際に着ていた服のブランドはyoshio kuboである。

EREPHANT SHIRTS(エレファントシャツ)は、胸にユニークな象の刺繍が施され、ボディにフィットするシルエットで、襟元は切りっぱなしの仕上がりになっている。

シャープなデザインの黒の襟元とよくマッチしていて、

タイトな髪型で奇抜なファッションに仕上げているのは、さすがの着こなしですね。

Yoshio kuboは久保嘉男が立ち上げた日本のメンズブランド。大胆なカッティングで、芸術性の高いデザインながら、日常で着られる服をコンセプトに作られている

C O O G I

 

洋服が大好きでファッションに関心が高い菅田将暉さん

そんな彼がお気に入りのブランドとして公言しているの「COOGI」

このブランドは、オーストラリアのメルボルンという地域で1969年に誕生した長い歴史を持つ老舗ブランド

COOGIはニット以外でも多くのアイテムを取り扱っているが

特にニットでの評価が高く菅田将暉さんもそのひとりであるのだ。

COOGIはカラフルで派手なデザインの物が多く

それも菅田さんが気に入っている理由の一つだと考えられる。

こういった、総柄のニットは通称『たけしニット』と呼ばれていて

ビートたけしが昔ずっと総柄のニットを着ていたことからそう呼ばれることになったそうです。

最後に

やはりファッションアイコンにもなっている菅田将暉さんは色々なブランドを着ますね。めちゃくちゃスタイリッシュで憧れてしまいますね!

そんな、菅田将暉さんの趣味には古着を集めることだそうで旅行先に行った際は古着屋さんに必ず立ち寄るとか、、

お洒落の一歩は真似からといいますからね!僕もよく雰囲気まねしています!(笑)

是非参考にしてみてはいかがでしょうか!

 

それでは、また来週!!

最新情報をチェックしよう!