誰でもおしゃれに見せるコツ!

皆さん、こんばんは!まるです。

本日は、アパレル時代お客様が「私には、センスがないからお洒落はできない」との声がとても多かったので、比較的簡単にお洒落に見せる方法を紹介したいと思います。

誰でもおしゃれに魅せ方

まず、最初にお伝えしたいことは

オシャレとはセンスではない。ということです。全て、紹介するテクニックで出来上がっているのです。

ファッション雑誌などに載っているコーディネートは正解ではなく、あくまで例でなのです。

勉強でも、答えだけ載った本より参考書の方が方程式などを理解した上で正解を導き出すので、他の問題にも応用ができますよね?

それと同じ仕組みで、ファッションもテクニック理解すれば他のコーディネートでも応用ができるようになります。

まずは、そのテクニックを紹介します。

テクニックその①シルエットについて。

コーディネートを考えるときに注意したいことに「シルエット」があります。

これは基本ともいえる部分。

ファッションに置いて知っておきたいのはこの4つのシルエット。

  • Iライン……上下とも細身の縦長。ボリュームや引き締めがなく、ストレートのシルエット
  • Aライン……上は引き締まっていてスソに広がりがある。アルファベットのAのようなシルエット
  • Yライン……トップスにボリュームがあり、足元はすっきりとしたシルエット。
  • Xライン……ウエストにきゅっと絞りのあるシルエット。肩まわりにボリュームがあり、スソに広がりがある

こちらの4つのシルエットを意識するだけでおしゃれに見えます。

コーディネートするときは、この4つのうち、どれかのシルエットに当てはまるとお洒落に見えます。

最近では、Iラインが流行っていますね。ビックTにワイドパンツなどのが男女共に人気のスタイルになってます。

テクニックその②4色以上使わない。

1つのコーディネートに4色以上使わない。

一概には言えませんが、3色におさえた方がまとまりがいいのは間違いないです。

大事なのは色の数よりも面積です。

最近、街中でよく見かける、モノトーンは2色しか使っていないので、とてもスタイリッシュかつシンプルでお洒落に見えます。

テクニックその③オールブラックは外れない。

先ほどのモノトーンだったりもそうですが、1色しかつかわない全身黒のワントーンコーデは簡単におしゃれに見えます。

いわゆるオールブラックコーデ。

これは男女問わずファッションに言えることです。オールブラックコーデは簡単におしゃれに魅せることができます。

おしゃれな女性たちに多いのですが、「いろいろなファッションを試し過ぎてもうネタが無くなった!」というときに行き着くのがオールブラックのコーデです。

ただ、全身黒のコーディネートは初デートなど女性らしさが求められる場合のファッションにはおすすめしません。

白、ベージュやグレーでつくるワントーンコーデなら女性らしい印象のまま、おしゃれになります。

最後に

デートの時とか、合コンなど、異性との交流の場だと嫌でも服を気にしちゃいますよね。

シルエットとカラーをそのTPOに合わせるだかで、とてもおしゃれに見せることができます。

ぜひ参考にしてみてください!

最新情報をチェックしよう!