1年間禁煙して得られた5つのこと

こんにちは!NANOです!(@nanolifedesign)

最近は喫煙者にとって生きづらい世の中になってきましたね。

私は病を患ったこともあり、禁煙するという選択をしました。

今回は私が禁煙したことにより、得られたことことや、禁煙方法についてご紹介です!

1年間禁煙できた方法について

私は1日10本。2日で1箱というペースで7年間喫煙していました。

まず、禁煙の方法についてです。

Determination

Determination(デターミネーション)は決心や決意という意味です。(※なぜ英語なのかという疑問は捨ててください。)

決意したその日を境にタバコを買うのをやめました。まずは買うという選択を捨てることが大事ですね。

同時にタバコに関係のある、ライターや灰皿も捨ててしまいましょう。

いらいらするのは最初の2~3日です。1週間もたてば、タバコのにおいが臭く感じるようになります。

完全にニコチンが体から抜けるのは72時間後といわれているので、3日我慢しましょう。3日後には禁煙がそこまで苦しくないはずです。

がまんできない人はタバコの代わりになるものを探しましょう。

私の場合はレモンキャンディーを代用しました。(口のさみしさを紛らわすのにレモン味は良かったです)

喫煙者のいない環境をつくる

喫煙している人のそばを離れましょう。

喫煙者が近くにいると、「つられタバコ」「もらいタバコ」をしてしまいます。

飲み会などでお酒が入るとタバコ欲はますます止まらなくなります。

一本だけという気持ちがいままでの努力を無駄にします。

 

以上の2点だけを守り、1年間禁煙を成功しました。

禁煙グッズも多く存在しますが、結局は自分の意志や環境が大事なのです。

 

【どうしても吸いたいあなたへ】

どうしてもなにか代用品が欲しいという方に向けて個人的に気になったのは

+WEED(プラスウィード)です。電子タバコ(vape)×CBDとして話題沸騰の商品とのこと。

CBDの含有量は3段階。3%、5%、10%

まずは3%から初めてみて、ものたりない人は5%、10%あげていきましょう。

↓CBDのリンクはこちらから

✔ CBDの効能

  •  ストレス緩和
  • 癲癇(てんかん)、鬱(うつ)症状の緩和
  • 不眠症緩和
  • 抗炎症作用
  • 肉体疲労・筋肉痛緩和

以上のような効果に期待されており、病気の治療としてエビデンス(確証)があるわけではありませんが

がん治療などの効果にも期待されている、いま注目の成分です。

※個人的な経験:CBDオイルを舌下摂取したことがありますが、気分が落ち着いた、食欲が増した、よく眠れたといった効果がありました。

しかし、煙を吸い込むというのは肺に負担をかけてしまうので、禁煙までの代用品ぐらいで活用するのが1番かと思います。

禁煙して得られた5つのこと

「百害あって一利なし」

という言葉通り、喫煙することにメリットは無いと感じています。

病気のリスクが減る

当たり前のことですが、病気にかかるリスクが減ります。

タバコを吸うことでDNAが傷ついたり、活性酸素が生まれやすくなります。

これは死因NO.1の「がん」に結びつく重要な要素です。(主に肺がん)

また現代の病気の90%は活性酸素が原因によるもので、タバコの煙には活性酸素を生み出す物質が多量に含まれています。

5年も禁煙すれば死亡リスクが半減するそうです。禁煙に成功すれば5年という数字もそこまで長くは感じないでしょう。

金銭的に余裕がでる

単純計算ですが、420円のタバコを毎日購入。5年間続けたとします。

タバコ代 420(円)×(365(日)×5(年))=766,500(円)

この数字をどう感じますか?

タバコをやめるだけで5年で80万近く貯金できるということです。

海外旅行にも行けますし、ブランド服を買うこともできますよね!

味覚、嗅覚が敏感になる

食事が喫煙してたころよりもおいしく感じるようになりました。

前は味の濃い食べ物が比較的多かったのですが、多少薄味でも味がはっきりわかるようになりました。

おいしいものを食べ歩くのが好きなので、より楽しめるようになったと思います。

またにおいも敏感になりましたし、自分の服がタバコ臭くなくなったので周囲への心配もなくなりました。

ストレス緩和

ストレスを感じ、喫煙していましたが、喫煙してた頃と、禁煙している今とではあまり変化はないように思います。

それどころか、タバコ切れのストレスが減って、前よりいらいらすることが減ったようにも思います。

いまのストレス解消法はとにかく「しゃべる」こと

言葉にしてストレスを吐き出しています。我慢することもその場所では大事かもしれません。

でも、我慢しなくていい場所では吐き出してしまいましょう。

目覚めがよくなった

前まではボーっとすることが多く、「目覚めの一本、寝起きタバコ」をよくしていました。

タバコを吸うと目が冴えてきて、当たり前かのように習慣化していました。

禁煙後はとても目覚めが良いです。スッと起きられて、活動できるようになりました。

※早起きが苦手な私はあいかわらず、起きるのは遅いです(泣)

最後に

いかがでしょうか。1年間禁煙して、良くなったと感じることがあっても悪くなったと感じることはありません。

今後も禁煙を続けていきます。※禁煙をしているという感覚はもうありませんが。

禁煙をする3大原則「捨てる・もらわない・買わない」

この3つの言葉を実施してみてください。必ずできるはずです!

まずはタバコ・ライター・灰皿をゴミ箱にポイしましょう!【禁煙の第一歩】です!

最新情報をチェックしよう!